その浪費癖は大丈夫?【心の病気と感じたら精神科受診を】

浪費癖を防ぐには

男女

浪費癖は早めに直しておかないと後々後悔する事が多いです。なのでまずは自分でできる事から初めてみましょう。まず浪費癖という病気を改善させる為には自分には浪費癖があるのだという事を自覚する事が大切です。浪費癖を抱えている人は以外にも自分に浪費癖があるのを自覚していない人が多いです。自覚する事でその後対策がうまく行きやすくなります。次に家計簿などをつけて自分が月にいくら使っているのか書き出してみましょう。浪費癖を抱えている人は自分がいくら使っているのか気にせずに使っている事が多いからです。可視化してみると以外にも自分が月に使用している金額が高い事が分かるでしょう。自分の現実を知る事で浪費に対する意識を改善させやすいです。最近は、スマートフォンでも気軽に家計簿をつける事ができるので紙に書くのが面倒だという人はこの方法がおすすめです。毎月使っている金額を把握したらその中から自分が要らないという物を決めて次からは買わないようにしてください。一度にたくさん減らすのは難しいのでまずは一つから始めていきそれを積み重ねて無駄遣いを減らしていきましょう。一つずつ行うと確実性が増すので成功体験を得られやすいです。浪費癖を持っている人は財布に入っているお金を全て使ってしまいがちです。ついつい財布に入っている分の買い物をしてしまいがちなので、財布に入れるお金も最小限にしておくと無駄遣いを防げます。勿論足りなくなっても追加で下ろしにいくのは我慢してくださいね。

心の病気と誤解されがちなうつ病ですが、一般的にうつ病は治らないと思いこんでいる人も少なくありません。しかしうつ病の原因は脳内の分泌物のバランスが崩れることが原因なのです。その分泌物とはご存知かもしれませんがセロトニンです、このセロトニンは通常、幸せホルモンと言われている物質であり、人間がリラックスしたときに分泌されるのです。つまりこのセロトニンが正常に分泌されないと、常時、緊張状態を強いられ続けてしまうのです。うつ病の人が不眠やイライラ、絶望感に襲われる原因はこのようなセロトニン不足状態になる事が大きな原因なのです。逆に考えれば、うつ病の原因となるこのセロトニンふ不足を快勝させてあげるように、セロトニンの分泌を正常値に戻せばうつ病は治るものなのです。うつ病のほとんどのメインの治療方法は、投薬治療です。うつ病は日本人の15人に1人の割合で発症するというほど日本人にとってはポピュラーな病気でもあるのです。そして完治する人も珍しくはないのです。ちなみに初めてうつ病にかかった人は完治する確率は約40%と言われています。その反面、服薬治療をしているにもかかわらず、うつ病の症状はなかなか緩和しない状態で苦しんでいる人も多いのが事実ですそれではどうして治る人と治らない人が居るのでしょう。例えば鬱病がなかなか治らない人は原因の1つとして描かれている医者との相性が悪いということが考えられます。どんな名医であっても、やはり患者との相性というものがあると言われています。そして良い医者ほど、セカンドオピニオンを進めるといいます。そのようなことから鬱病がなかなか治らない原因はかかっている医者との相性が原因と考えられる場合があります。そのようなことから、たとえ医者にかかっているにもかかわらず、うつ病はなかなか治らないようであれば、違う病院を尋ねてみるというのもひとつの手段ではあるのです。

Copyright© 2019 その浪費癖は大丈夫?【心の病気と感じたら精神科受診を】 All Rights Reserved.