その浪費癖は大丈夫?【心の病気と感じたら精神科受診を】

金銭感覚が違う人

医者

世の中には色んな人がいますが、時々この人大丈夫かな?と疑問を持ってしまう人もいます。そこで金銭感覚が他と違う人の特徴を上げていく事にします。多く当てはまるごとにもしかしたら何らかの精神的な病気を抱えている可能性が高いです。
まず最初はブランド物を平気で購入する人は金銭感覚が他とずれている可能性高いです。ブランド物の多くはお金持ちでない限りすぐに購入する事が難しいものばかりです。纏まったお金がない状態でブランド物を購入する人は少し注意が必要です。車や家を購入する時多くはローンを組んで支払いを行っていきます。住宅ローンやマイカーローンなどは計画的な借金なので問題無いのですが、それ以外の消費者金融を利用して借金する場合は金銭感覚が他の人と逸脱してきている可能性があります。普通の人は自分のお金に限度があるとその限度額を超えないように抑制しますが、浪費癖がつき金銭感覚がおかしくなっているとお金を借りてまで物を手に入れようとしてしまいます。借金を繰り返し続けると浪費癖が余計に加速してしまうのでさらに感覚はおかしくなっていきます。買い物をする時に手持ちのお金が無い時に便利なのがクレジットカードです。お店などでお得なサービスを受けられると入会を勧める所も多いです。クレジットカードは便利ですが、支払いに何でもかんでもクレジットカードを使用するような人は浪費癖になっている事があります。自分がいくら使ったか把握する事ができないので非常に厄介です。

例えば身近な人の死、あるいは、仕事上の対人関係の不安など、大きなストレスが原因で、それがきっかけになって、うつ病を発症する様なパターンが多いようです。うつ病の人のなかには、そのようなストレスをカウンセラーに話を聞いてもらって、吐き出すだけでもうつ病の症状が軽くなるような場合もあるようです。そのようなことから、うつ病が治らない人は原因として、カウンセラーに話を聞いてもらうというような心理療法を受けていないことが原因になっていることもあるようです。このような心理療法によって心の歪み?してゆくことによってうつ病の症状は軽く、他の人も沢山おられます。もし、長年うつ病に苦しみながらもこのような心理療法を受けていないようであれば、そのことが原因でうつ病は治らないかもわかりませんので、ぜひそのような心理療法を受けてみると良いでしょう。

Copyright© 2019 その浪費癖は大丈夫?【心の病気と感じたら精神科受診を】 All Rights Reserved.