その浪費癖は大丈夫?【心の病気と感じたら精神科受診を】

浪費癖がつく原因

医者と看護師

人はお金を消費して物を買いますが、様々な要因が重なるとお金が無くても物を買ってしまい、それを繰り返すと浪費癖がついてしまいます。浪費癖がついてしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?浪費癖の原因として一番多く聞くのがストレスを発散する為という理由です。生きていると人は多くのストレスに晒されます。ストレスを溜め込みすぎてしまうと心や体の病気に罹ってしまいます。なので自分自信のストレスコントール力がとても重要になってきます。ストレスコントロールの方法は人それぞれですが、ストレスの捌け口を浪費で発散しようする人がいます。最初は一回きりのつもりがついつい何回も行ってしまうと浪費癖が止めれられなくなってしまいます。浪費癖の原因はストレス以外にもあります。人間の習性としてティドロ効果というものがあります。会社の上司や友人から高価な物を贈られた時にそれに合わせた服や小物を買い揃えたくなるのは人間の心理作用によるものです。ティドロ効果があまりにも強く働きすぎると自分の身につける物以外にも家に置いてある家具や車までも買い替えてしまうという人がいます。このような人も浪費癖になってしまいやすいです。浪費癖の原因は自分の生活水準レベルによってもなってしまう事があります。長年自分の体に染みついた生活習慣は中々直す事ができません。その理由として自分のスタイルを変える事にかなりのデメリットを感じてしまうからです。今の自分に肯定感が強い人ほど先の自分に責任を押し付けてついつい浪費をしてしまうのでこんな人も浪費癖になりやすいです。

うつ病を悪化させてしまう原因としてうつ病を放置してしまうということがあります。一般的にうつ病は責任感が強く、かつ神経質な人は発症しやすいと言われています。そのため、仕事で迷惑をかけてしまうとか、自分が頑張らなければならないとかといったような気持ちで目の前の仕事に集中し、病気を放置してしまうような場合がよくありますが、うつ病も他の病気と同様に、その原因をきちんとつかんでしっかりと治療を受けなければうつ病の症状が次第に悪化していきます。そして悪化してから治療を始めても思うように一定の成果は上がらず、その結果、資料が長引いてしまうといったようなことが起こってしまうのです。このようにうつ病を復活させる原因としてうつ病を放置してしまうということがあるため、自分だけでなく周囲の人でもうつ病ではないか、と思われるような症状に気がついたら、放置せずにできるだけ早く医師かクリニックで診察してもらいうつ病か否かの診断とその原因になったことをしっかりと整理する必要があるのです。その上で、適切なうつ病の治療することが大切なことになるわけです。うつ病の治療には病院受診が一番ですが、精神科や心療内科への受診に抵抗感を感じる人が世間ではまだまだ多くいます。一人では勇気が出ないという人は家族の協力を仰いで一緒に受診するというのも手ですよ。

Copyright© 2019 その浪費癖は大丈夫?【心の病気と感じたら精神科受診を】 All Rights Reserved.