その浪費癖は大丈夫?【心の病気と感じたら精神科受診を】

浪費癖に似た症状

カウンセリング

浪費癖のある人は買い物依存症を患っている人が多いです。ですが、中には買い物依存症ではない別の病気に罹っている人もいます。注意欠陥多動性障害であるADHDの人にはお金の管理や計画的にお金を使う事が苦手な事が多いです。落ち着いて物事をじっくり考える事が困難なので急な衝動買いや意味のない投資を行いお金を浪費してしまいます。場合によっては本当に買い物依存症になっている事もあります。おかしいなと感じたらまずは専門医に相談をし診断をしてもらいましょう。分からない状態で対策を立てても失敗する可能性が高いからです。ADHDで金銭管理が苦手という人は家族が代わりに管理を行うなどのフォローを行う必要です。

浪費癖を持っている人には共通する性格があります。刹那主義な人やメンタルが弱い人なども浪費癖になりやすいです。出費を抑えるという事は、自分の欲望を抑える事に繋がります。なので普段から我慢を行っていなければ浪費欲を抑える事はできません。自分で浪費癖を改善しようと頑張っていても急な出費が出てしまうと浪費癖がまた出てきてしまいます。欲望に負けない強い精神が大切です。また、一度決めた事を曲げない精神も必要でしょう。浪費癖になりやすい性格の傾向はもう一つあります。ブランド物や消費を行う事に高いステータスを感じている見栄っ張りやプライドの高い人も浪費癖になりやすいです。お金に無頓着な人も浪費癖を併発しやすいです。性格を直す事は難しいですが少しづつ自分から気をつけるようにするだけでも浪費癖をグンと減らす事ができます。

一般的に鬱病の治療の経過はその症状は良くなったり悪くなったりという波を繰り返しながら徐々に回復していきます。ただ、早く治してしまって、普通の生活をしたいと言う思いから少し症状が緩和した時点で治療をやめてしまう事は帰ってうつ病の症状を悪化させてしまい、鬱病を長引かせてしまう原因になってしまうことがよくあるのです。うつ病の治療期間は最低でも3ヶ月はかかると考えた方が良いでしょう。そのような治療を念頭において、決して焦ることなく、じっくりと治療に取り組むという姿勢が非常に大切なことになるのです。また、もし鬱病が治ったとしてもうつ病の場合はいつでも再発する危険がありますので、通常の生活に戻っても半年から1年は治療を続けることはよくあることです。鬱病の初期症状は不眠症や肩や首の痛み、倦怠感、そして寝ないといった身体的な症状です。そして、このような身体症状を過ぎると集中力の低下や物忘れ、そして判断力の低下など思考に関わるような症状に移行していきます。そして、さらに症状が悪化すると身振り手振りなどの動作が鈍くなったり死にたいと思うようなネガティブな思考の状態になっていきます。鬱病の原因は基本的にはストレスと考えられています。そのためうつ病の対処法としては十分な休養をしっかり睡眠を取ることによって原因となるストレスを除去するために心身を休めることが基本ですが、それでも症状が改善されないような場合には、必ず医師の診断や心療内科の診断を受けるようにしてください。自分の勝手な判断で早く治そうとすることが逆に症状を悪化させる原因となることもありますので自己判断はできるだけしないようにして下さい。

Copyright© 2019 その浪費癖は大丈夫?【心の病気と感じたら精神科受診を】 All Rights Reserved.